薄毛と他の病気の関係。

男性の薄毛、つまり男性型脱毛症になっている人には、
他の病気に対するリスクも高いのだそうです。
心臓に関係した疾患、糖尿病、前立腺肥大などです。
特に注意するべきなのは、35才未満で薄毛の男性です。
そういう、早期に男性型脱毛症になってしまう人には、
インスリン抵抗性が発症する可能性が高いという
研究があるそうなのです。
インスリン抵抗性とは、インスリンの働きが低下する、
糖尿病になる前段階の状態の事をいいます。
このインスリン抵抗性にかかった状態で、
生活習慣が乱れたまま何も治療せずにいると、
肥満や高脂血症、高血圧などといった、
いわゆる生活習慣病というものになってしまうのです。
薄毛というだけではなく、
メタボにもなってしまいかねないのです。
若くして男性型脱毛症になってしまっている人は、
こうした事を頭に入れて、
生活習慣の改善につとめ、
他の病気が発病しないように気を付けないといけません。
そうでないと、将来的に健康を害し、
いろいろと苦労する事になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>