発毛の為のIGF-I

インスリン様成長因子(IGF-I)という物質があります。
これは、体内に存在する物質で、アミノ酸で出来ています。
このIGF-Iは、アンチエイジングに対して
有効であるという事が分かってきました。
認知症やうつの改善、生活習慣病の予防、
免疫力を高める働きもあり、肌の衰えにも効果があるそうです。
こうした働きを持つIGF-Iは、
髪の毛にも効果があるという考えがあるそうです。
毛母細胞の活動を活発にし、
髪の毛の成長を止める事なく進める事で、
ヘアサイクルの成長期を伸ばすというのです。
薄毛になる場合、栄養が髪の毛に届かないといった事が原因で、
毛母細胞の活動が弱まります。
そして細くて弱い毛しか生えてこなくなるのです。
こういった状態から脱却し、再度活性化させるのが、
IGF-Iだそうです。
IGF-Iを増やすには、カプサイシンやイソフラボンといった
成分を摂取するといいそうです。
カプサイシンは唐辛子に、イソフラボンは大豆に多く含まれています。
そういった食材を食べると良いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>