薄毛は遺伝するのかどうか。

よく世間一般では、薄毛は遺伝するものと思われています。
父や祖父が薄毛だと、
自分もそうなるに違いないと思ってしまうのではないでしょうか。
薄毛になるは心配事ですから、
ついついナイーブに考えてしまいがちです。
ところが、正確に言うと、
遺伝をするのは薄毛そのものではなくて、
薄毛になりやすい体質だそうです。
ですから、常日頃の気づかいによって、
自分は薄毛にならずに済むかもしれないのです。
あるいは自分は薄毛にならないと油断していると、
生活習慣の乱れなどによって、
薄毛になってしまうかもしれないのです。
どちらにせよ、薄毛対策というものは、
常日頃から考えて置いた方がいいでしょう。
この薄毛になる遺伝というものについては研究が重ねられ、
ある遺伝子が関わっているという報告があるそうです。
母親からしか受け継がれないX染色体にある遺伝子なので、
母方の家系が薄毛なら、
自分も薄毛になりやすい体質の可能性が出てくるのです。
とは言え、他にも関係する遺伝子があるかもしれませんし、
結局は常日頃の心がけなのには変わりありません。

男性型脱毛症を抑える成分。

男性型脱毛症は、
男性ホルモンのテストステロンが、
ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)に
変質する事で引き起こされます。
つまり、DHTが発生しないようにすれば、
男性型脱毛症は防げるのではないでしょうか。
そういう働きをする成分が、いくつかあります。
フィナステリドという物も、その一つです。
DHTは、テストステロンに5aリダクターゼという物質が
結合した時に発生するのですが、
フィナステリドはこの結合を阻害するという働きがあるのです。
そうやって、DHTの発生を食い止めるという訳です。
育毛剤の中にはこのフィナステリドが含まれている物もあります。
しかしこのフィナステリドにも、使用後の効果については、
個人差があるのが実情です。
また、服用をやめてしまうと、
また男性型脱毛症の症状が現われてしまいます。
しかしあまり長期間使い続けるのもどうでしょうか。
ホルモンに直接作用するだけに、
いろいろと副作用があるとも言われています。
あまり若いうちからは使わない方がいいのかもしれません。

男性型脱毛症について。

薄毛自体は男女ともにあるものの、
男性の方が薄毛の度合いが大きいです。
当り前のように思ってしまっていますが、
これはかなり不公平なような気がしてきます。
こうした違いが起こるのは、何故でしょうか。
これは男性特有の男性型脱毛症というものがあるからです。
男性型脱毛症は、
男性ホルモンが影響していると言われています。
その為、女性には現われてこないのです。
男性型脱毛症を引き起こす男性ホルモンを、
テストステロンと言います。
このテストステロンがジヒドロテストステロンという物質に
変質すると、男性型脱毛症の症状が現われてくるそうです。
そうなってしまうと、
ヘアサイクルに乱れが生じてしまい、
髪の毛が不十分な状態で育ってしまいます。
結果、弱くて細い髪の毛が生えるようになり、
脱毛しやすく、ボリュームも少なくなるのです。
こうして男性特有の薄毛になってしまうのです。
こうした男性型脱毛症を防ぐための物質はいくつかあり、
育毛剤の中には、このジヒドロテストステロンが
発生しないように働きかける物があります。

髪の毛の成長サイクルについて。

髪の毛が成長し、寿命を全うするのには
いくつかの過程を経る事になっています。
まずは髪の毛が伸びていく期間である成長期です。
成長期の間、毛乳頭から栄養を受け取った毛母細胞が
激しく細胞分裂をして髪の毛を伸ばしていくのです。
この期間は2年~7年程度続いていきます。
次は成長を終えて、終焉に向かっていく退行期です。
毛乳頭と頭皮の間の接続が切れ、
毛母細胞の活動が止まります。
この期間は2週間~3週間程度です。
そして最後にいつでも抜けられる状態である休止期になります。
毛球が収縮し、頭皮から完全に浮いてしまいます。
この状態になると、いつでも脱毛できるようになります。
そして脱毛するのです。
こうした過程をヘアサイクルと言いますが、
エアサイクルに従った脱毛は健康な、ごく当然の現象です。
1日に50~100本程度の髪の毛が、
こうして抜けて行くと言われています。
髪の毛の総本数が10万本程度なので、
あまり気にする量ではありません。
この抜け毛があまりに多くなってくると、
薄毛の心配をしないといけなくなってきます。

頭髪の構造について。

単に髪の毛と言っていますが、
実際の構造はどうなっているのでしょうか?
まず、頭皮から出ている部分を毛幹と言います。
頭皮の中にある部分をまとめて毛根と言っています。
根本の球形の部分だけを言うのではないのですね。
その球形の部分を毛球と呼びます。
毛球には、窪んでいる部分があります。
ここにあるのが毛乳頭です。
毛乳頭は重要な部分で、
ここが頭皮と内部でつながって、
毛細血管や神経が通るようになっているのです。
栄養分は毛細血管を通して、
この毛乳頭から髪の毛に供給されます。
栄養分を受けると、毛乳頭を取り囲むようにある
毛母細胞が細胞分裂をします。
そうして分裂した細胞が、髪の毛となっていくのです。
毛母細胞の細胞分裂はとても活発で、
大人の場合だと、体内で一番細胞分裂が盛んな細胞だと、
言われているそうです。
育毛を行なっていくためには、
毛乳頭に栄養が確実に行き渡るようにして、
毛母細胞の活動を活発にしてやる必要があるのです。
この点を注意していきましょう。